資産運用といえば、定番の定期預金がありますが、最近では株取引や投資信託、外国為替証拠金取引(FX)など、積極的な資産運用などの人気が高まっています。

また日本では長く低金利が続いていることもあり「外貨投資」が、高金利かつ為替差益(外貨を買ったときと売ったときの為替レートの差による利益)が狙える新しい資産運用として、人気が高まっていま。

さて、外貨投資と言って真っ先に思いつくのが、「外貨預金」 ではないでしょうか?

最近になって外貨預金と同じように特に注目され出したのが、FX(外国為替証拠金取引)で、いずれも外国通貨で資産運用を行うものです。

 

FXと外貨預金の取引を比較

たとえば、ドル対円の為替レートが100円である場合、100万円の元金は10万ドルになります。

たちは外貨を売買できませんから、通常銀行でドルを購入する場合は、為替レートに1円上乗せされた購入レートで買うことになります。

この1円には、手数料や為替レートの変動等が含まれています。

この購入レートは通常1日1回、午前1 0時に決まります。

従って10万ドルを購入する為には、対ドル100円の時には101円となり101万円が必要です。

そこで外貨預金で10万ドルを預け、2週間後に為替レートが101円になったので売却すると、手数料が1円引かれて100円となり、100万円が戻ってきます、しかし実際は、101万円で購入していますから1万円の損となります。

これに対してFXは、必要資金は外貨預金の約10分の1(レバレッジ10)にあたる1 0万円で済み、購入レートはBld(売値)レ ートに1銭上乗せした価格の場合、100.10円が購入レートになり、必要資金は10万百円となります。

同様に2週間後の証拠金取引では、売却レートはBid(売値)レートをそのまま使うため101万円が戻ってきます。

このように同じ外貨投資でも、外貨預金では損失となり、証拠金取引では利益となります。

 

外国為替証拠金取引(FX)が人気の理由

証拠金取引のメリットの一つは、少ない資金で大きな取引が出来ること、そしてもう一つは低コストで外貨を取引できる事でしょう。

さらに、FXは、為替レートがリアルタイムで動き、いつでも取引できることも魅力で、個人投資家が参入しやすい点など、外国為替証拠金取引(FX)が人気の理由となっているのでしょう。

FXは為替レートの変動に対して機動的に取引できるため、利益のチャンスが多くトレード形態も多い事もFXが人気の理由にもなっています。

短期間でトレードする恋スキャFX や、